Why Indonesia : 経済的パフォーマンス

経済的パフォーマンス

2016年のインドネシア経済は、堅固な経済政策と家計消費の増加に牽引され、引き続き堅調に推移しています。インドネシアの国内総生産(GDP)は2016年通年で5.02%増加し、新興国市場でもトップクラスを維持しています。インドネシアの成長の主要な要因の1つである家計消費は、インフレ率が低く、ルピアが強いことから、人々の購買力が向上していることにより強まっています。

インドネシアはマクロ経済の安定性を維持する一方で、昨今の外部環境の変化にうまく適応できています。マクロ経済政策と構造改革の着手といった堅実な組み合わせは、世界経済の景気の成長鈍化、コモディティのダウンサイクル、新興市場経済に影響を与える様々な金融の混乱などといった出来事の救済に役立ちました。インフレは緩和され、対外ポジションも改善、徐々に財政再建も始まりました。金融安定構造については大きな進展があり、危機管理構造に関連する格差は解消されつつあります。2015年に始まった構造改革により、ビジネス環境が改善されているのです。ポジティブな所感は、2016年の支援的資本流入に反映され、10月に始まる若干の是正を受ける前に金融市場を活気づけました。

政府はすでに投資環境を改善し、成長を促進するための改革をスタートしており、これには公共インフラへの投資拡大、政府規制の緩和、民間投資への新しい経済分野の開放が含まれます。税制改革を通じて税収を強化、税率の引き上げという政府の戦略は、政府の重点投資に対する追加収入を生み出すと考えられます。

また、インドネシアの若年労働力は、同国の最も強力な経済指標の1つになる可能性を秘めています。職業訓練の機会拡大など、雇用者が必要としているスキルと従業員の所有するスキルのギャップを埋めることを助長する改革は、経済の生産性を強化するのに一役買います。

INDONESIA ECONOMIC INDICATORS AND OUTLOOK:

戻る