投資機会:輸出志向型産業

輸出志向型産業

繊維産業

政府は次の2つの役割を持つ戦略産業として、繊維と繊維製品産業を掲げています:①2800万人の労働力を要する労働集約型産業②年平均1200万ドルの輸出志向型産業。繊維産業でポテンシャルの高い地域は西ジャワ州、中部ジャワ州、ジャカルタ特別州、東ジャワ州が挙げられます。

インドネシアの繊維産業の構造には、上流・中流・下流産業の統合への欠落があります。インドネシアは依然として繊維の原料、特にレーヨン、綿、繊維機械において輸入に依存しています。そこで、繊維製造業、不織布。染色/仕上げ産業、衣服、繊維機械といった5つの繊維産業に注目しています。

現在、インドネシアにおける繊維並びに繊維製品のための機械の80%が既に20年を経過した年代物であるため、インドネシア政府は繊維機械の再活性化プログラムに焦点を当てています。古びた繊維機械では高エネルギー消費と低い生産性という悪い影響しか残せません。

戻る