投資機会:観光業

観光業

インドネシアの観光分野は成長の一途を辿り、将来的にも有望です。昨年、2016年にインドネシアを訪問した旅行者は約1,200万人に上ります。私たちは2019年までにその数を2,000万人に引き上げたいと思っています。今日、インドネシアでは全土より次の10カ所の優先順位の高い観光先を挙げ、投資や拡張投資を促しています。:

  1. トバ湖

トバ湖

トバ湖は、インドネシア北スマトラ州に位置する直径100キロ、幅30キロの火山湖です。この湖はインドネシア、及び東南アジアの中でも最大の湖で、中央にはサモシール島という火山島があります。

この湖は、依然、スマトラ島の主要旅行先として、2016年においてもより多くの旅行客を集客できると期待できます。

  1. カラヤン・ケープコースト

ベリトゥン島は美しくエキゾチックなビーチで有名な観光スポットです。その中の一つがカラヤン・ケープコーストです。そのビーチは、タンジュン・パンダンの町から27キロ以内に位置するシジュックにあります。そのビーチは60ヘクタールに及ぶ大変美しい海岸風景を有します。このビーチではカヤックとシュノーケリングが楽しめます。また、それだけではなく、カラヤンビーチコテージとカラヤンレストなどもあります。

  1. プラウ・スリブ

リゾートアイランドとして知られるプラウ・スリブですが、国立海洋公園でもあります。プラウ・スリブ諸島国立海洋公園は約107,489ヘクタールの面積で、約44の島を有します。ジャカルタの北部に位置するこの海洋公園も、2016年にはより多くの旅行客を引き付けると期待されています。

大変エキゾチックで素晴らしい海岸風景を堪能しながら、シュノーケリング、スイミング、ダイビングなどが楽しめます。

  1. タンジュン・レスン

タンジュン・レスン・ビーチは、インドネシアのバンテン州パンデガランにあるタンジュン・ジャヤのパニンバン村に位置し、大変美しく素晴らしいビーチリゾートです。

白い砂による1,500ヘクタールのビーチエリアは、大変きれいで自然が感じられ、日光浴やスイミング、その他ビーチスポーツのアクティビティに適しています。波もそれほど高くないので、ジェットスキー、シュノーケリング、船釣りなども可能です。

  1. ボロブドゥール寺院

ボロブドゥールとは、中部ジャワのマゲラン地区に位置する、世界最大の仏教寺院です。シャイレンドラ時代の8世紀ごろに建立された仏塔型の寺院は2016年には優先順位の高い旅行先となっています。

ボロブドゥールはインドネシア仏教芸術の最高傑作であり、例えば、ジャワにおける建築と仏教芸術美学の調和における至高が指摘されます。この建造物は仏塔や曼荼羅などがあり、インドのダルマの思想からインスパイアされておりますが、その一方で、インドネシアの先史時代には巨大な石による建造物やピラミッドなどが建設されていたことも知られており、もともと備わっていた現地の要素も引き継がれていると考えられています。ネイティブインドネシアの祖先崇拝と、仏教世界における涅槃への達成にあがく様を融合していると言えます。

  1. ブロモ・トゥンガル・スメル

ブロモ・トゥンガル・スメル国立公園はパスルアン、マラン、ルマジャン、プロボリンゴの行政地域に位置する、東ジャワ州の国立公園です。この公園は1982年に作られ、東西に約20~30キロ、南北に約40キロあり、総面積は約50,276.3ヘクタールに及びます。

この地域には、約6,290ヘクタールのカルデラを覆った砂の海があります。切り立った壁の形状のカルデラの砂の海は、高さにして200から700メートルになります。

この国立公園は東ジャワ州でもメジャーな旅行先のひとつとして挙げられています。直行便はマラン‐ジャカルタ‐デンパサールとあり、マランの外国人旅行者は増加が見込まれると期待されています。有名なアトラクションであるブロモ山の他に、ジャワ島で最も標高の高いスメル山がハイキング愛好家に人気です。ただ、登山をもっとスメル・ブロモ山の頂上を目指すのは容易ではなく、登山者はマランにある国立公園管理事務所で許可を得る必要があります。

  1. マンダリカ

ロンボクのマンダリカは自然の聖域で、先住民の方々は世界の中でも最もユニークであると言えます。ローカルの文化と芸術を称賛し、ロンボクの文化について学び、発見する永遠のツールである場所です。

NTB(西ヌサ・トゥンガラ)に位置するマンダリカは旅行者の多い地域です。この地域でのポイントは、国際的なリゾートを建設しているということです。それだけでなく、観光活動を支援するために、この地域は旅行者が利用可能なインフラを整えています。

  1. ワカトビ国立公園

ワカトビ国立公園はインドネシアにおける50の国立公園のうちのひとつで、スラウェシ島南東部のワカトビ地区に位置します。この国立公園は2002年に設立され、総面積は139万ヘクタール、インドネシアの海洋保護の最優先課題の1つであるサンゴの海洋生物多様性、規模と条件と関連しています。

この庭園では、25のサンゴ礁が臨める水中パノラマの自然美が堪能できます。600キロにわたる海岸線に沿って25カ所で約13科112種のサンゴ礁が見つけられます。多様なサンゴ礁に囲まれた絶景に加えて、様々な種類の魚が生息しています。93種の食用魚と観賞魚が存在するこの国立公園がいかに素晴らしい魚の宝庫であるかわかると思います。

ワカトビがインドネシア政府によって2016年に優先旅行先に認定されることは間違いありません。

  1. モロタイ島

多くの人々がモロタイは「東インドネシアの楽園」と呼んでいます。これは、類まれに美しいダイビングポイントが25カ所以上あり、水中の豊かさを表しています。そこにはタンジュン・ワヤブラ、ドドラ・ポイント、バトゥ・ラヤル・ポイント、ケープ・サバタイ・ポイント、そしてサミニャマウが挙げられます。ダークブルーの透明な水で、すべてが驚くほど美しいです。サンゴ礁の中に生息する無限の海洋生物が保持され、朽ち果てるのです。

モロタイ島の美しさは、水中だけではなく、土壌にも表れています。広大な白い砂浜は、そこに足を踏み入れた人々の目を喜ばせることができるでしょう。日の出と日没のパノラマは、それまではなかなか訪れることのなかった観光客の最も楽しみな瞬間の一つになると言えます。

  1. ラブアン・バジョ

ラブアン・バジョはインドネシアの東ヌサ・トゥンガラ州にある小さな港です。ここは、有名な場所であるコモド島や、その他リンチャ島、ピンク・ビーチなどへの玄関口です。

戻る