投資機会:海洋産業

海洋産業

  • インドネシア政府は、24の港湾(19の港湾フィーダーと5つの港湾ハブからなる)の能力を向上させることにより、接続性を改善するための海の高速道路プログラムを構築するという壮大な計画があります。
  • 私たちは、企業が海港港湾インフラだけでなく、船舶建造業界にも投資機会があると考慮してもらえるように強く推奨しています。今後5年以内にインドネシアには約1500隻の船舶が必要であり、推定投資額は134億米ドルに上ります。

造船業

  • 2005年にカボタージュ原則が施行されて以来、2005年に6041槽であった国家船舶は7183槽追加され、2014年までに13000槽にまで増加しました。そのうち、全船舶の約30%が製造後20年経過しています。仮定すれば、船舶の寿命は約30年なので、今後20年間でインドネシアの海事産業は古い船舶を約2154槽、交換する必要があります。
  • したがって、インドネシアの造船業は非常に前途有望な産業であることがわかるかと思いますが、それでも競争力を高めるためにいくらかの改善が必要です。インドネシアで船舶を製造するのに、部品のうち70%を輸入に頼っており、国内で製造できている部品はわずか30%なのです。韓国では26万DWTタンカーがわずか9ヶ月で完成することができる一方で、1万DWTタンカーを完成させるのに18カ月ほど必要とし、時間がかかります。
  • 現在、インドネシアには約250社の造船会社があり、新造船の生産能力は年間100万トンに達し、賠償金は年間1200万トンと推定されています。
戻る