投資機会:付加価値産業

付加価値産業

重要な国際鉱業拠点として、インドネシアは石炭、銅、スズ、金、ニッケルなどの主要産品を生産しています。新鉱物法律で義務付けられているように、すべての鉱物の商品は、輸出前にまずインドネシア国内で加工を加える必要があります。もちろんこれは、鉱業部門の川下産業にとって新たな投資機会を促進することを意味します。現在まで、インドネシアには約150の製錬所投資計画がありますが、そのうちのいくつかは、まだ業務提携やパートナーシップ形式で開放されています。

鉱業部門に加えて、インドネシア政府はまた、インドネシアの下流農産業の成長を奨励しています。インドネシアはパーム油に関しては世界一の生産国となっており、ココア、ゴム、コーヒーなどについては高付加価値農業産品の世界的大手生産国となっています。我々は今、バイオ燃料産業やパーム油のその他川下産業を奨励しており、また、ココア、ゴムの川下産業についても推進しています。

戻る