投資手続き:OSS

OSS

政令2018年第24号

    1. 内容:オンラインシングルサブミッション(OSS)
    2. 2018年6月21日発効
    3. 2018年6月1日からすべてのライセンスはOSSで処理。省庁と地方政府は規程に市債のセクターのライセンスの発行が認められなくなった。
    4. 政令の目的:
      a.より効率的、シンプルかつ近代的な許認可手続きへと簡素化
      b.規程の簡素化(標準化、統合、調整)
      c.投資の増加
      d.現在の技術に応じたサービスシステム改革

OSSは経済調整大臣府主導で2018年7月9日に正式にスタート

許認可の種類

OSSシステムで発行される許認可の種類は?
  1. 事業基本番号(NIB)
    a.会社のIDとして
    b.会社登録証
    c.各社1NIBのみ保有
  2. 外国人労働者利用契約
  3. 立地許可
  4. 建設許可(IMB)
  5. 環境許可(UKL/UPL、AMDAL)
  6. 事業許可
  7. 営業許可
OSS1

ビジネスプロセス

OSSシステムを通じたビジネスプロセス

 

  • 投資家がOSSに登録。OSSが事業基本番号(NIB)を発行。
  • OSSがコミットメントに基づき、事業許可と商業/営業許可を発行。
  • 投資家は中央・地方の関連官庁に対し事業許可と商業/営業許可のコミットメントの達成が求められる。
  • 投資家が料金を支払い(ある場合)
  • 省庁と地方政府は、事業許可と商業/営業許可のコミットメント達成について投資家の進捗状況をモニタリング。
OSS2
戻る