投資手続き:会計優遇

会計優遇

免税施設

2015年財務大臣規定第159号/PMK.010と2015年BKPM長官規定第19号によると、申請者または申請会社は以下の条件を満たす必要があります。

  1. 2011年8月15日より後にインドネシア事業体として設立された企業であること
  2. 1兆ルピア以上の新規投資計画を有すること
  3. 第2項に上述される投資計画の合計投資額の10%以上をインドネシア国内の銀行に預ける能力があり、かかる資金を投資開始前に引き出さないことを証明する宣誓書を提出すること
  4. 以下のようなパイオニア産業に関与していること。
  • 基礎金属産業
  • 石油精製
  • 石油 ・ 天然ガス由来の有機的基礎化学工業
  • 工業機械を製造する機械産業
  • 農・林・水産品の加工業
  • 通信・情報・コミュニケーション産業
  • 海運業
  • 経済特区(KEK)における主要産業である加工業または
  • 政府団体と民間事業の提携または官民パートナーシップ(PPP/KPBU)の使用に加え、経済インフラ事業

これら条件を満たす場合は以下の優遇措置が適用されます。

  1. 商業生産開始初日から起算して5年から15年の間、法人税免除が認められます
  2. 10%~100%の法人税減額が認められます
戻る